マレーシア・クアラルンプール編①夕方到着してから深夜まで遊びまくり♪

2019年3月から福岡マレーシア線が復活。ということで、格安航空会社エアーアジアにて

マレーシアに行った時の旅行記です。

目次

この記事の内容は

①福岡出発からクアラルンプール到着まで

②ホテル16時時半到着からの行動

③世界一安価で泊まれる「リッツ・カールトン」のスイートルーム最高☆

 

※この情報は2019年6月のものです。特にエアーアジアは運航終了の可能性もあります。よくご確認ください。

 


①福岡出発からクアラルンプール到着まで


f:id:Tabing:20191227235918j:image

福岡発7:55。早い出発時間だったので4時起きはつらかった💦クアラルンプールに13:20到着。飛行時間は6時間チョイ。機内食は当日でも選べますが、売り切れも多いので事前に予約がいいかも。一食あたり500円前後なので、良心的なお値段。

 

f:id:Tabing:20191228000102j:image
f:id:Tabing:20191228000059j:image
f:id:Tabing:20191228000105j:image

 

 

時差は1時間戻ります。

入国審査は長蛇の列で1時間半待ちます。荷物を取って空港を出たのは15:00ごろ。

ホテルの迎えで中心部ブッキビンタンの世界のリッツ・カールトンへ。

ホテル到着は16時半ごろでした。

※ホテルはHPから直接予約やメールをすると迎えに来てくれます。日本人スタッフもいますので、日本語でも直前でなければ数日内に連絡は入ると思います。

 


②ホテル16時時半到着からの行動


旅の目的はマレーシア美食ツアー。ホテルチェックインの後は食べ歩きスタート!

 

美食ツアーはホテル近くのこちらから。

本当は知り合いに教えてもらったガイドブックに出ていない究極のエビ麺が食べられるところに行きたかったのですが、お休み。仕方なくガイドブックに載っているお店へ。

最近の口コミ評判が余りよくなく、期待はしてなかったのですが、、、、

いえいえ、めっっっちゃんこ美味しかった!!ただ、口コミ通りマレーシアにしては金額はお高め。

1人800円くらい。今回行けなかったお店は次回のリベンジへ。

 

f:id:Tabing:20191228000319j:image

揚げ麺に海鮮塩味と卵が絡んだあんがかけてあり、そして身が詰まった小ぶりのロブスターが乗っていました!このお皿、おぼんくらいの大きさです。大量です。めちゃくちゃ美味しかったです!!!


f:id:Tabing:20191228000323j:image

 

紙に包んで揚げた鶏肉。甘辛い味がよく染みて身が柔らかく、とても美味しかったです!
f:id:Tabing:20191228000316j:image

 

中心部ブッキビンタンから電車でチャイナタウンへ移動。

なまこ石鹸を求めて、セントラルマーケット向かいます。クアラルンプールの電車は簡単で分かりやすい!

セントラルマーケットの入り口です。

f:id:Tabing:20191228001026j:image

 

セントラル市場にはなまこ石鹸を取り扱うお店が、何店舗かありますが、ここが一番種類豊富でコスパよしでした。
f:id:Tabing:20191228001032j:image

マレーシアのバティック布に石鹸が包まれていて、その名の通り、なまこ成分で作られています。保湿力に優れ、かなりしっとりなります。帰国後に使いましたが、1年分くらい買っておけばよかったと後悔するくらい、よかったです!!!さすがCAさんもオススメの逸品!

1個490円。6個買うと1個オマケなので、1個あたり420円!

ネットからなまこ石鹸によさを伝える方のブログをプリントアウトし、お土産と一緒にあげると、とても喜ばれました。そしてみんなまた買ってきて欲しいと☆次回は大量購入決定☆

f:id:Tabing:20191228001239j:image

 

マレーシアでも、タピオカミルクティーが大流行、大人気の黒糖ミルクタピオカを飲みました。台湾より少し高くて330円くらい。ちなみに台湾は200円以下。

f:id:Tabing:20191228001029j:image

 

お次は、電車でKLCCへ。

f:id:Tabing:20191228001510j:image

 

ツインタワー前の公園で噴水ショーを楽しみました♬
f:id:Tabing:20191228001507j:image

 

そして、徒歩20分かけて屋台が立ち並ぶアロー通りへ

200メートルの通りの両脇には沢山の屋台が。その雰囲気に大興奮!

 

アロー通りのちょうど真ん中あたりにあるこちらのお店へ。

f:id:Tabing:20191228001706j:image

 

夜になっても30度近くあるマレーシアには欠かせないタイガービール。麦茶のように飲めるので、いくら飲んでも汗となって流れ、酔いません。

f:id:Tabing:20191228001710j:image

 

福建省の料理人が開発した福建麺(ホッケンミー)特にマレーシアのホッケンミーは進化系で、病みつきになります。韓国のジャージャー麺と似ているのかなぁ。もっと味わい深く濃く深くです。感動の美味しさでした。

f:id:Tabing:20191228001713j:image

 

チンゲンサイの炒め。 にんにくと薄口醤油で安定の美味しさ!
f:id:Tabing:20191228001716j:image

 

手羽先と手羽元のグリル。おいしいのなんのって!いくらでも食べれます。
f:id:Tabing:20191228001720j:image

 

イカフライに、何が乗せてあるでしょう?この黄色い繊維質のもの、何と揚げバター!絶妙なコンビネーションでした!カロリー過多間違いなしだけど。
f:id:Tabing:20191228001729j:image 

 

明記焼魚では1人280円くらい!激安♬

f:id:Tabing:20191228001702j:imagef:id:Tabing:20191228001726j:image

Restoran Meng Kee Grill Fish
39, Jalan Alor, Bukit Bintang, 50200 Kuala Lumpur,

Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur, マレーシア
+60 12-213 3082

 


③世界一安価で泊まれる「リッツ・カールトン」のスイートルーム最高☆


この時はラッキーにもリッツカールトンのスイートルームが取れました。3つの寝室にはそれぞれシャワールームとお手洗い、リビングにもシャワーとお手洗いがあり、大人数で泊まっても混雑しません。

驚愕の広さにテンションマックス。マレーシアのリッツは世界で一番お得に泊まれるスイートとして有名です。お部屋の様子はこちらより。

 

そして、24時間バドラーサービスといって、部屋ごとに担当者がいて、いつでもドリンクサービスが受けられます。

メニューはコーヒー、紅茶、オレンジジュース、アップルジュースと決まってはいますが。ただ、こちらも無くなり次第終了なので、深夜の注文時はジュースは在庫なしでした。

f:id:Tabing:20191228002452j:image

朝食もメニューが多くて、悩みまくりです。洗練された朝食という感じで、とってもモダンです。そして美味しい!!!
f:id:Tabing:20191228002455j:image

f:id:Tabing:20191228002458j:image

 

別記事でマレーシアの美食天国「イポー」のグルメツアーの記事も書いています。よかったらぜひ♪

 

 

※最後に、、、補足ですがクアラルンプールで全身アロマオイルマッサージを受けました。地球の歩き方に掲載の店舗だったので、大丈夫だと油断していると、やられました。なんと同行女性の担当マッサージ師が男性だったのです。2Fは女性専用。どうやって紛れ込んだのか分かりませんが、全身=丸裸=暗闇、、、本人もそのときは気付きません。でもだんだん触り方が気持ち悪くなっているのと、息遣いが荒くなってきたので、男だ!と気づき、叫び声を上げ発覚しました。怒り心頭。店内で怒鳴りまくりました。被害者本人は大きな問題にしたくないし、深夜1時過ぎてたし、社長が警察に届けられたら従業員の生活が守れないと懇願するので、警察への届けはやめましたが、地球の歩き方には連絡し、今は掲載取消になっています。マレーシア在住者に聞くと、足だけならするが全身を受ける在住女性はいないとのこと。皆さんもお気を付けくださいませ。※現地旅行社の方いはく、こういう場合は絶対に警察に届けるべきだと言っていました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る