世界中の美食家が集まるIpoh(イポー) 【マレーシア-Malaysia】

f:id:Tabing:20191230160449j:image
首都クアラルンプールから鉄道で2時間半、約200キロ。

イポーは20世紀前半、鉱山の町(特に錫)として急発展し栄えた場所。

 

また特徴的なカルスト地形が生み出すアルカリを含んだイポーの水が美食の要素。

世界中の美食家が集まります。

インスタ映えするアートな町としても注目度高し♬それでは写真と共にイポーをご紹介します。

 

f:id:Tabing:20191230160606j:image
f:id:Tabing:20191230160610j:image

KLセントラル@クアラルンプールを08:35発。

ちなみに、、、

クアラルンプールの中心部、ブキッビンタンから鉄道駅や空港に向かうエクスプレス線がある

KLセントラルに行くには、激混みするモノレールを使うより

地下鉄Ⓜ️ブキッビンタン〜Pasar Seni(チャイナタウン最寄りの駅)で乗り換え〜

KLセントラルがよいと地元の人に教えて頂きました。

事前学習が好きなのですが、色々調べても写真ばかりで改札から改札の行き方の

動画がなかったので、行った時に撮影してみました!

 

11:00ごろイポー到着。イポー駅はオールドタウンにあります。

イポーのタージマハル?という言葉があるそうですが、言い過ぎ?
英国統治時代の白亜の美しい建物です。

f:id:Tabing:20191230160650j:image

 

Ipoh〜イポー〜 マレーシアペラ州の州都です。

イポーにある樹木の名前が由来だそう。

f:id:Tabing:20191230151355j:image

 

イポーでは本当に配車アプリGrabが大活躍。1回の移動が150〜200円前後と激安で、

簡単で、目的地も最初から入力しているので安心して乗ることができました!

駅を出たところにも乗り場がありました。

f:id:Tabing:20191230151321j:image

 

こちらはイポー市庁舎。こんな感じでオールドタウンには英国統治時代の

美しい建物が多いです。

f:id:Tabing:20191230151223j:image

 


まずはニュータウンへ


早速向かったのは、現地の人オススメの飲茶。

オールドタウンがあるイポー駅からタクシーで約15分。ニュータウンにあります。

あまりに人気店過ぎて12時以降には品数が激減すると聞き、GRUBを使ってタクシーで

こちらのお店へ。

 

f:id:Tabing:20191230144722j:image

Ming Court Hong Kong Dim Sum
36, Jalan Leong Sin Nam, Kampung Jawa, 30300 Ipoh, Negeri Perak, マレーシア
+60 5-255 7134

 

インスタ映えする盛り付けではありませんが、超美味❤️値段はなんと驚きの1人290円!!!

まだまだ食べたかったけど、美食ツアーは始まったばかり。

 

町の様子。コンパクトでシンプルな田舎町です。英国、中国、マレー文化が融合しています。

f:id:Tabing:20191230145210j:image

f:id:Tabing:20191230145414j:image

 

そして彩り豊かな街。

f:id:Tabing:20191230145106j:image
f:id:Tabing:20191230145112j:image

中国文化とマレー文化が融合したプラナカン様式の建物が目を引きます。
f:id:Tabing:20191230145109j:image

 

大行列ができるスイーツ店。

f:id:Tabing:20191230234849j:image

お目当ては常に出来立て「カヤパイ」サクサクパイの中にココナッツジャム(カヤジャム)が

入っています。他店でも売っていますが、こちらが一番美味しいそうです。

店を仕切ってるおじちゃんは、日本語で対応してくれました!

カヤパイ、甘くてサクサクして、美味しかった〜。

f:id:Tabing:20191230145333j:image

Kedai Biskut Sin Eng Heong
64, Jalan Mustapha Al-Bakri, Taman Jubilee, 30300 Ipoh, Negeri Perak, マレーシア
+60 5-243 9659

 

ここも有名店の豆花(トォファ)のお店。台湾にもありますが、杏仁豆腐の杏仁がない感じ。

豆乳でできていて、つるっとしたのどごしで、暑い日に最適なスイーツです。

f:id:Tabing:20191230145509j:image
f:id:Tabing:20191230145502j:image

黒いゼリー(ジンジャーで、できてる?)が入った豆乳ドリンク。

冷たくて喉の渇きは癒えたけど、味は、、、、リピートはしないかも、、、🤣
f:id:Tabing:20191230145506j:image

 

イポーは川を境に新旧分かれています。

写真の橋の手前が、ニュータウン。橋の向こう側が、オールドタウン。
これまで紹介した場所は、ニュータウン。

f:id:Tabing:20191230145638j:image

 


そしてオールドタウンへ


ここからは、オールドタウン。

オールドタウンの傘の道。ポルトガルのアベオクタの超縮小版🤣

f:id:Tabing:20191230145724j:image
f:id:Tabing:20191230145720j:image
f:id:Tabing:20191230145727j:image

 

傘の道のすぐ近くにある、プリンの名店【天津茶室】本当は食堂なのですが、

このプリンお目当ての人が多いです。プリンだけの注文でも嫌がることなく

笑顔で対応してくれました。とってもシンプルですが、

濃厚でプルプルですごく美味しいです。イポーにしては意外とお高く100円くらい。

f:id:Tabing:20191230145818j:image

天津茶室
73, Jalan Bandar Timah, 30000 Ipoh, Negeri Perak, マレーシア

 

イポーには1958年創業のホワイトコーヒー発祥の地「南香茶賓室」があります。

今回行ったお店は、同系列チェーン店カフェの「OLD Town white coffee 」

海外にも展開しています。コーヒーは1杯120円から。

f:id:Tabing:20191230150034j:image
f:id:Tabing:20191230150037j:image
f:id:Tabing:20191230150041j:image

Ipoh Old Town White Coffee
No. 3, Jalan Tun Sambanthan, 31650 Ipoh, Negeri Perak, マレーシア
+60 16-526 6832

 


イポーの観光スポットへGo


14時過ぎると、どんどん暑さが増します。

カフェからちょっと郊外観光へ。

またまたGrubでタクシーを呼び、市街地から約5キロ、20分の洞窟寺院

Kek Look Tong 極楽洞へ。入場無料です。

ちなみにタクシー代270円。安すぎ。

タクシーの運転手によると、イポーのこの周辺には洞窟寺院が

4箇所あるそうです。地元の人もパワースポットとして心身浄化のために訪れるそう。

f:id:Tabing:20191230150428j:image

切り立った渓谷の合間にある寺院は、参拝地〜錫採掘場〜参拝地という歴史をたどって

来たそうです。

数億年前の鍾乳洞の中は冷んやりと涼しいので、日が高いお昼以降の観光スポットとして最適です。

クアラルンプールには有名なバツー洞窟もありますが、

鍾乳洞が織りなす芸術的自然美はこちらの方が数段上と感じました。
f:id:Tabing:20191230150421j:image

今も鉱石類が採掘されています。お庭の眺めが美しい。
f:id:Tabing:20191230150425j:image
f:id:Tabing:20191230150432j:image

鍾乳洞内に興味のある方は動画をご覧ください。

Kek Lok Tong
Pesiaran Sepakat 3, TMN ENDAH JAYA, 31350 Ipoh, Negeri Perak, マレーシア
+60 5-312 8112

 


イポーを訪れる人がほとんど立ち寄るチキンの名店


ガイドブックに必ず載っているお店。Googleの口コミは賛否両論だったけど

お店の人もすごく感じがよくて、チキンがもう美味しくて美味しくて!!!

f:id:Tabing:20191230150730j:image

有名なチキンはこちらです。

塩茹でされたチキンに甘辛酸っぱいタレがかかっています。
f:id:Tabing:20191230150734j:image

イポーに来たら、もやしを外せない!

ということで、もやしサラダ。短めの太もやしで、シャキシャキジューシー。

チキンと食べるとまた最高に旨い!
f:id:Tabing:20191230150737j:image

個人的には蒸し鶏より、こちらのローストタイプが

好きでした。ごま油のソースがたまりません♬
f:id:Tabing:20191230150725j:image

 

店頭に吊るされたチキンたち。この写真を撮っていたら、

外で、ガッシャーーーーンと、ただならぬ物音が!

車がぶつかったのかと、みんな飛び出して見に行ったら、隣のお店のシャッターが勝手に

ガシャーンと降りてしまい、ガレージから半分出ていたバイクの上に落ちてきた音でした。。。

でも、みんな笑うだけで、さほど気にせず、、、さすが南国おおらか気質。
f:id:Tabing:20191230150721j:image

老黃芽菜雞沙河粉
49, Jalan Yau Tet Shin, Taman Jubilee, 30000 Ipoh, Negeri Perak, マレーシア

 

 

イポー駅の改札。午前中に到着した時はさほど観光客が来ているようには思えなかったのですが

帰りはクアラルンプールに向かう観光客でごった返していました。予約は必須ですね。

f:id:Tabing:20191230151543j:image

 

18:30発でKLセントラル行き。クアラルンプールには21:20着。

ちょっと遅いのですが、この前の時間はイポー発15:35なので、

それは時間が足りないので、仕方ない。

f:id:Tabing:20191230151634j:image
f:id:Tabing:20191230151631j:image

 

色々とマレーシアの鉄道予約サイトを見ていたのですが、クレジットカード決済が

一番不安だったので、知り合いに紹介してもらった

ジョホールバルの日本人がいる旅行会社に鉄道チケットをお願いしました! 

手数料払ってもそんなに大差ないですし。

 

とっても感じのよい日本人女性が対応してくれるので、安心してお任せできますよ♬

ちなみに、クアラルンプールの市内観光もこちらにお願いしたのでした。

その様子はまた次の回で。イポー、楽しかったなぁ!また行きたい!

f:id:Tabing:20191230234715j:image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る