アートが生きる小さな島@ハイチ

2010年1月12日、カリブ海に浮かぶ小さな島国ハイチでマグニチュード7.0の大地震が発生した。30万人以上が死亡、150万人が家を失い現在も多数がテント暮らしをしている。

画像1

画像2

私は震災前と震災後に訪れた。

ハイチには「ジンジャーブレッドハウス」(お菓子の家)と呼ばれる伝統的な建物がある。レースのようなしゃれた細工や、格子状に組んだ造りが美しい。この伝統的な建物は強固な造りであり、地震時も多くが崩壊を免れたという。震災後にも泊まったホテルキナムは、地震の影響をほとんど受けていなかった。

画像3

画像4

ハイチでは絵画も盛んで、ヘイシャン・アート (ハイチの芸術)と呼ばれる作風は、色鮮やかで目を奪われる。路上では無名の画家たちが描いた作品が至るところで見られる。

画像5

ギャラリーで気に入った絵を見つめる私に、スタッフが「欲しいの?」と聞く。しかしとても手が出る金額ではないことを伝えると「写真を撮ってプリントアウトして飾っておけばいいよ」と言う。ハイチ人のこういうおおらかさがたまらなく好きだ。

画像6

画像7

中南米最貧国と言われる配置。大地震の復興も進まない中、先月はハリケーン「マシュー」がこの国を襲った。世界初の黒人国家を樹立したハイチに、世界がもっと目を向けてくれることを願う。

画像8

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る